注目の記事

    治療方法について

    甲状腺がんの治療方法には、いくつかの種類があります。代表的なものとしては、外科療法や放射線療法、化学療法等があ...

    Readmore

    症状等について

    甲状腺がんとは、頚部の前面にある甲状腺という部分に出来るがんの事を言います。この部分はカルシトニン等のホルモン...

    Readmore

    今後の公的保険

    がんに罹ると高額な治療費がかかりますが、ほとんどの場合は公的保険の適用を受けるので、自己負担は3割ですみます。...

    Readmore
大事な手術

甲状腺はホルモンを分泌する臓器の一つで、子供にとっては成長にかかわり、大人になってからも新陳代謝に影響があるホルモンです。
そんな甲状腺のがんは大別すると二つの種類に分ける事が出来ます。
一つは原発性甲状腺がんと言い、甲状腺の細胞が直接悪性腫瘍となって出来た場合です。
二つ目は転移性甲状腺がんと言い、ほかの臓器で悪性の腫瘍が出来て、それが転移する事によって発症した場合の事を言います。
さらに原発性の場合は、さらにいくつかに分類する事が出来ます。
まず、乳頭がんが挙げられます。
これは日本のような海藻をよく食べる地域では、その海藻の中に含まれるヨードが主な原因で発症し、90%以上がこれに当てはまると言われています。
特に女性が多く、年齢は関係なく幅広い年齢の方が罹っています。
治療方法は切除の手術が主な方法となっています。
続いて紹介するのは濾胞がんです。
これは日本では5%程度の割合となっています。
肺や骨に転移を起こしやすく、転移を起こすと治療が困難であると言われています。
治療は切除手術を行い、転移を起こさなければ治療後は良好であることが多いです。
原発性の三つめは髄様がんです。
原発性で先ほど紹介した二つは濾胞細胞と呼ばれる細胞で起こる病気ですが、こちらは傍濾胞細胞と呼ばれる場所で起こります。
1,2%の割合の方がこれに当てはまり、遺伝的な原因で発生する割合と遺伝は関係なく突発的に起こる場合が、大体半々の割合でみられます。
前二つが原因である場合と比べると、治療による結果はあまり良くないです。
最後に紹介するのは、悪性リンパ腫です。
これは割合は少ないですが、高齢者に多く、甲状腺内にあるリンパ球由来で発症します。
多くの場合はもともと橋本病と呼ばれる病気の人がなります。
体に負担が大きい手術を行わなくても、化学療法や放射線治療で改善する事も多くなっています。
このようにさまざまな種類があり、種類によって治し方も変わってくるために、発症した場合はどれに当てはまるかをきちんと把握する事が大切です。

オススメリンク

医者になる

治療方法について

甲状腺がんの治療方法には、いくつかの種類があります。
代表的なものとしては、外科療法や放射線療法、化学療法等があり、外科療法とは、手術によって患部を切除するという方法です。
この方法は多くの病院で、基本の治療として用いられていて、比較的簡単な手術に分類されており、手術後の経過も…Read more

手袋をつける

症状等について

甲状腺がんとは、頚部の前面にある甲状腺という部分に出来るがんの事を言います。
この部分はカルシトニン等のホルモンを分泌する器官で、内分泌器官の一種です。
重さが15~20g程度で、ちょうど蝶が羽根を広げたような形をしています。
この部分にがんが出来る人は決して多くはない…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031